無料相談で見直すべき?生命保険会社の多く使われている手口

生命保険の転換の話についてですが、これを簡単に言えば、今入っている生命保険を解約します。そして新たに入り直すと言うことですね。 ※ 下取り、コンバーションなどと言います。 その手口の紹介の仕方ですが、「今入っている保険を下取りします」と言って。それで、「保障内容が同じで安く入れますよ」とかなんて言い方が最も主流ですね。 今入っている保険を下取りと言うことは、今入っている保険を全部解約すると言うことになります。 例えば「うちの保険会社に入りませんか?」と言うことになりますね。 まず、今入っている生命保険を入りなおすと言うことです。これはデメリットになります。 ですから、今の年齢で保険料が計算されるので保険料が高くなると言うことです。 まさに落とし穴と言うことになります。 転換した際の予定利率で保険料が設定されます。 「予定利率」 加入した際の予定利率がその保険が倒産でもしない限り適用されます。 しかも予定利率はじょじょに低くなっていきます。 例えば、1970年に加入しているもので、利率が4%だったとします。それが転換した年になるということだからです。 現在利率が1.5%くらいなので、2.5%も下がると言うことになります。 この予定利率が高ければ高い程、保険料は安くなります。 それがまた転換した年にリセットされるようになります。 このような事を考えて転換って損だらけですね。 <転換について> 見直しについてですが、比較するランキングサイトがでます。

http://www.seimeihoken-minaoshi-guide.com/
嘘のステマやネットの噂に騙されたくない人に。生命保険見直しのポイントや実際に申し込みして無料相談してみた体験談ブログが参考になります。
www.seimeihoken-minaoshi-guide.com/