ココマイスター・パティーナのメンテナンス方法は?

革になる動物が生前受けた傷や血筋がそのまま生かされたパティーナという革があります。
パティーナは、そのあまり加工されていない自然の作りから、革好きの為の革と呼ばれているそうです。
革財布などのプレゼントが人気のココマイスターでも、このパティーナシリーズがあります。
パティーナは、丈夫な革なのですが、傷が付きやすいのが特徴です。
ですが、その傷も数年つかっていくうちに味になって行く。
というのが不思議ですね。
また、水に弱いのも特徴で、シミになりやすいのだそうです。
ですから、メンテナンスは、ふだんから水に注意する事が必要になってきます。
シュプリームクリームなどを使革になる動物が生前受けた傷や血筋がそのまま生かされたパティーナという革があります。
パティーナは、そのあまり加工されていない自然の作りから、革好きの為の革と呼ばれているそうです。
革財布などのプレゼントが人気のココマイスターでも、このパティーナシリーズがあります。
パティーナは、丈夫な革なのですが、傷が付きやすいのが特徴です。
ですが、その傷も数年つかっていくうちに味になって行く。
というのが不思議ですね。
また、水に弱いのも特徴で、シミになりやすいのだそうです。
ですから、メンテナンスは、ふだんから水に注意する事が必要になってきます。
シュプリームクリームなどを使用し、油分を補給してあげることによって汚れや水からも守れるそうです。
用し、油分を補給してあげることによって汚れや水からも守れるそうです。
ココマイスター財布いい?皮の質はどう?【エイジングって?】