ETCカード申し込みの嘘と本当

ここ数年でよく決まったオフィスを持たないノマドワーカーという言葉を聞くことが増えました。

中には独立して法人化を行い社長となる人も増えているそうです。

個人事業主や法人化した方の多くは経理業務がとても面倒だと感じるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の電車やタクシー代などの交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎に保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号口座・法人口座からまとめて一括で引き落として経費参入しておきたいですよね。

高速道路料金で使用するETCカードも同じようにしたいはずです。

基本的な作り方は個人用のカードと同じで法人用のビジネスカードを申し込むのが一番基本的な方法です。

しかし、クレジット機能付きの法人カード発行は設立・独立したばかりでは審査に通りにくいようです。

免許を持っている全員が知っているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方って曖昧に覚えていませんか。

NEXCOのwebサイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカと同じく有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿れますがオモテ面ウラ面などカードの向きが違うと認識されません。

ETCレーンに入る際の注意点は信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないといったトラブルが発生した時は決して車を無理に動かさず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

高速道路の料金所をスムーズに通過できるETCですがネットで調べ物をしていたらこんな質問がありました。

「ETCカードを使って給油はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的には不可能になっています。

なぜ「基本的」に不可能かと言うと、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。

ガソリンスタンドで申し込めるカードに一体型カードが多いようです。

一体型カードは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時のポイント付与が2倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍になり貯まったポイントでの支払いもできるそうなので仕事や通勤などでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

高速道路の料金所でスムーズに通過できて便利なETCカードですが少し疑問に思ったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果として言うとバイク用のETC車載機も販売されています。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式車載器」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、ETC通信の誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が少し下がってしまうことや盗まれやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目も小さくなり、カードリーダーをシート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。

皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分を重視してカードを申し込みましたか?現在手元にあるクレカ発行元に追加で発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かどうかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを所持していない方に向けて他の方がカードを作ったときにどういった面を見て作ったのかを調べてみました。

高速道路の利用頻度が少ない方は年会費や更新費用がかからないカード、利用する回数が高い方はポイント還元率やマイレージ特典で選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の方は業務用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

車で遠くに行く時に便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社によってどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大きく分けて3つに分類され、年間の利用額関係なく、年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だったら更新費も有料、無料だったら更新費も無料になっていることが多いです。

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高などの各種高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

ETCカードを発行するにはクレカを発行する必要があり、現時点でクレカを持っている方は追加申し込みで発行されるので問題ないですが新規でクレカを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特典や年会費の有無など違いがあるので自分にあったクレジットカード・ETCカードを探してみてください。

就職や転勤などで大都市へ引っ越すと車に乗らなくなります。

そんな時に年会費が設定されているETCカードを所持している方はカードの解約を考える方が多いと思います。

クレカごと解約する方法とETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きの方法に関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日というように手続きが完了するまで時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終わったら、磁気テープ部分とICチップ部分が認識できないように真二つにハサミを入れ、外から見えない色付きの袋などに入れた後に燃えるゴミとして処分してください。

高速道路などを利用するときなどに割引が適用されたり一般レーンと比べて料金所渋滞に引っかかりづらくお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネット上を見てみると多くの人が同じ疑問を持っていたようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても使い道が限られているから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードにしようと思ったら起動時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときだけ入れて使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

ETCカードを作っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを所持していなく銀行のキャッシュカードしか持っていないという方はクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている一体型の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETCのゲートを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としの方法にすると偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまった場合に出口でゲートが開かず通れなくなってしまうからです。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路の料金をどう支払っていますか?ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこれほどまでに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや休日割引などの料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が現金で3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、元のクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。

大学生になって車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの作り方としては大きく2種類に分類されます。

クレカ会社で申し込み、発行しているクレカタイプとネクスコなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレカタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがレンタカーでのETC利用は車載器がついていれば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで利用履歴を見ようと思ったときのために事前準備をしましょう。

利用照会サービスではカード利用者本人かの確認のため事前登録として「ETCカード番号」、「ETCを利用した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社へ連絡して聞いてください。

ETCカードの登録を自家用車などですでに行っている、もしくは1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですがカードの種類が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを2つ挙げます。

発行手数料、年会費がかからないのはライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのはクレカの年会費無料の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの年会費は540円かかります。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

引用:ETCカード審査なしで作る方法は?損しない選び方とは