フラット35の住宅ローン審査落ちた理由とは?

フラット35は民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する長期固定金利型住宅ローンです。
審査基準は、民間の金融機関で不合格になった場合は落ちた理由はわかりませんが、フラット35の場合は審査基準というよりは「申し込み資格」のような規定が公開されているので明快です。
その条件とは、申し込み可能年齢:70歳未満、勤続年数:規定無し、年収:400万円未満は返済比率30%以下、400万円以上は返済比率35%以下というものです。
ですから、それらの基準をを満たしていれば審査は甘めのようです。
比較的に融資が受けやすく、保証料や繰り上げ返済手数料が無料で好評なのですが、団体信用保険料が本人負担、融資手続きや審査に時間がかかり適用金利にもタイムラグがあるなどの不満点な意見も出ています。
フラット35は審査に通りやすい?甘い住宅ローン!【おすすめ銀行は?】